読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けろりの日々の手帖

日々の暮らしで気になったことなど徒然

アンケートモニター登録

育児の哲学


akamax.hatenablog.com

 

いつも読ませていただいているブログで

わたしも使っている育児ノートについて書いてあった。

 

なるほど!と思ったので覚え書き。

 

育児日記、わたしも退院してからずっと書いています。

それなのに、日暮眞先生という方が書いたという文章

今の今まで

全く気が付かず!(笑)

最初のページに、いいこと書いてあったのね!

そこで指摘されていたのが、タイトルにあげた、育児には医学と哲学の部分とがある、ということ。 前者には、誰もが同じようにまもらなければならない。後者は、両親の考えによって、いろいろかえてよい。

子育てには医学と哲学を - akamaxのブログ

なるほどなぁ、と思いました。

 

子供が生まれてから幾度となく感じていたモヤモヤの理由。

この言葉でスッキリした!

 

自分で読んだときには右から左へすりぬけていったのに

akamaxさんのおかげで

先生の言葉を自分に落とし込むことができたような

気がします。

 

子供を育てている中で

周囲の言葉に振り回されて自信を無くしている方がいたら

ぜひ、読んでみてください^^)

広告を非表示にする