けろりの日々の手帖

日々の暮らしで気になったことなど徒然

アンケートモニター登録

七つの子、に想う


 

娘に歌を歌って聞かせると喜ぶのですが

脳内メモリだけではマンネリ化してきたので

CDをたくさん借りてきて

バージョンアップを図っている年の瀬です(笑)

 

わたしも幼い頃、とにかくお歌が好きで

話せない時期から歌を聞くと体を揺らす子だったそうで

おばあちゃんっこだったのもあって

いろんな童謡を聞いていました。

小さい頃に記憶されたものってなぜだか忘れないもので

あ、これ聞いたことある!と思うと

サラサラと歌詞が思い浮かんでくるんですよね。

 

そんな中、、、

歌詞を聞いて、小さい頃とは全く違う気持ちになったのが

あの歌。

 

「七つの子」

歌詞はコチラ↓↓

http://j-lyric.net/artist/a00126c/l00103b.html

 

か~らぁす~♪

の歌、みんな知ってる童謡。

 

わたしらが子供の頃には

カラスの勝手でしょ~♪」なんて替え歌がはやりましたが(笑)

 

わたし最初のフレーズしか覚えてなかったんですよ。

七つの子がいるからだよ、ってところまでしか。

 

我が子を思って、かわいい、かわいいと鳴いていることも

見に行ってごらん、いいこだよ、と歌詞が続くことも。

 

いやもう

こんなにいい歌だったのか!

と。

下手したら涙出てきそうになるくらい

じーんときました(大げさ)

 

もともと子供は嫌いじゃなかったけど

ちびこがうちに来てから

町で会う、知らない人の子を見て

「かわいいな、何歳くらいかな、あっ笑った」

なんて、幸せな気持ちになることが増えたんです。

家の向かいでスズメの雛の声が聞こえて

あったかい気持ちになったり。

(記事に書いてましたね、懐かし)

tagebuch.hatenadiary.jp

 

なんかそういう気持ちを

すごくうまく表しているような気がするんですよね。 

・・・過大解釈かもしれないけどね(笑)

 

メロディーの優しさもあいまって

愛に溢れた歌だな~!と改めて思いました。

 

親として、というか人として、というか

こういう気持ちでいられる人でありたいものです。

広告を非表示にする